2020年3月グラフィック天文歴

2020年3月のグラフィック天文歴をお送りします。
先月、はじめにお送りしましたように、2月はコロナウイルスが増々広がり、世界中を不安にさせ実際に亡くなられる人も日々増えています。
水星逆行とともに相場も大荒れ、流通もとどこって、オイルショックの時のようにマスクどころかトイレットペーパもドラッグストアの棚から消えてしまっています。
3月になってもこの流れは続くと思われます。3月10日に水星が順行になるため、そこから情報や物の流れも元に戻ると思われますが、10日を挟む一週は株価も又
荒れると思われます。
そして、20日に太陽が牡羊に入り22日に17年の12月から山羊座にいた土星が水瓶座に移ります。
2年3カ月世界的な秩序が大きく変わる時期に終わりがやってきます。この時期苦労の日々を送ってきた人たちにとっては、気持ち的に楽になるであろうと予測します。
この間鍛えられて実力をつけた各自の内容が実際にプラスに働きだすと思います。

人というのは、見知らぬしあわせよりも、慣れ親しんだ不幸の中に居続けてしまう傾向が誰にもあります。どうか勇気をもって新しい自分自身を受けてめてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。