色々試行錯誤を繰り返して、グラフィック天文歴を作ってきましたが、
今回は一般の毎日の星占いを更に一歩進める為の初心者向けの
「月の運行で見る毎日の星占い」というのを作ってみました。

各日にちの「何の日」という部分は、もうちょっと考えてみようと思いますが
来年は、これでいってみようと思っています。

使い方

左の星座の中からご自分の星座(一般の星占いの星座)の横列を見て日にち事の何の日を参考にして下さい。

ボイドタイムの列の下のボイドタイムが終わる時間が次の月の星座の始まりの時間になります。

黄色い斜めに進む線は月の運行で、新月、上弦、満月、上弦の月も表示しています。

これだけでは、情報が足りないという方のために下のような表も作る予定です。

この表と以下のグラフィック天文歴で各天体のサインと度数が確認できるようになります。

こういうグラフは、紙媒体の方が良いのかもねと思いつつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください