今日は、東京は原宿の塔里木(タリム)にて一樹先生と伊藤瑛輔先生に占っていただきました。
私は、もともと他の人に相談することが好きではなく、自分で何でも決めて即実行の人でしからお金を払って占ってもらうという経験をほとんどしたことがありませんでした。
それがいつの間にか占う側になってしまったので、占い師同士で研究で占う事はあっても、お金を払って占ってもらうという事が無いまま来てしまいました。

考えてみると、自分で自分を占っていた時期って、自分にとっては辛い時期だったので、占いが楽しいという経験はあまりなかったかもしれません。

その為か、占い師というのは本当に困った事があって苦しんでいる人を救うのが仕事なんだと心で思い込んでいたのかもしれません。
確かにそういう状況で占い師のところにやってくる人は多いかもしれませんが、
でもそれだけではない。
自分が良くても、もっと自分の未来を積極的に良い方向に向けるための相談もあるんだと。
今日の経験で思いました。

これは私にとって180度占いに対する考え方を変えたかもしれません。

以前占い館で鑑定している時もそういう苦しみばかりを背負っているお客様を引き寄せていたのかもしれません。

そうだ、自分ももっと楽しく鑑定しても良いのだと思ったら、気持ちがすごく楽になりました。

そんな事を思いながら、洗濯物を取り込んでいたら空にはまん丸いお月様がありました。
この週末は、今年一番の特別な日になると予想していましたが、まさにそうの通りになったように感じます。

次は、あの先生の所に行ってみよう。そんなことを考えるのが楽しくなりそうです。

ほんと、全てに感謝したいと思います。(⌒∇⌒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください