週間G天文歴(星空のメロディー)10/28~11/4時

今週の星のメロディー

先週は、23日の太陽の蠍座入り、続く24日長いボイド、26日の牡牛座での満月と経済ラインでの緊張にマーケットが大幅な株価の下落がありました。今週はその後マーケットはどうなるでしょうね。

10月28日日曜日
土星と太陽の調和、月火星冥王星のアスペクトが昼昼頃に集中していて、その後午後から次の日の朝までボイド、落ち着きを取り戻したように感じられる変化もまだ油断できません。

29日月曜日の朝方蟹座に月が移動。天王星と逆行中の金星に調和、土星にオポジションを経過して木星と水星の合につながります。ゆっくり休んだ後にスムーズに始まる週明けという感じです。

30日と31日の午前は、この流れのままスムーズですが、昼のボイドを挟んで獅子座に移動した月と天王星と金星がスクエア水星が射手座にイングレス、夜中の下弦の月、金星が逆行でさらに天秤座に戻りここでも先週のマーケットの変化の続きが起きそうな感じです。暦も11月に入るわけでこの変化はどうも気になります。

更に次の週は天王星が牡羊座に戻ってくるので、このところの女性星座が優位にあった状態ごどんどん崩れていきます。安定よりも変化に方向転換する感じです。

その変化の引き金が10月から11月に代わるタイミングで起こってきそうです。

11月は10月とハッキリと違う月という印象です。ボイド時間も短く、途切れることなく進み始めると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。