占星術基本法則:グルグルの法則

グルグルの法則なんてふざけた名前ですが

私が勝手に付けた名前です。(笑)

これはあまりにも当たり前すぎる話ですが、

占星術に出てくる星(天体・感受点)というのは

グルグル 回って 繰り返されているという話です。

つまり、一回きりではない。

ここから分かる大切な事、それは

一度失敗したって、再チャレンジのチャンスは又やって来るという事です。

そして、それぞれの星の周期(一周するのにかかる期間)は、それぞれ違っていて

その違う周期の天体の組み合わせが、無限の変化を表している

それは、空の雲の形がどんどん変化して

毎日 毎時 毎瞬間 違うように

それはそれは ドラマチックな世界なのです。

ここから分かる大切な事、それは

いくら繰り返されると言っても常に世界は変化していて

過去の辛い経験が何度も何度も同じように繰り返されることはありません。

そして

楽しい経験は、何度も形を変えて繰り返され、退屈することがありません。

という事です。

この星たちの動くフィールド(場)が12星座であり、12ハウスですが

繰返しながら、変化していく螺旋階段を上っていくような変化をしていくのが

占星術の基本法則;グルグルの法則という訳です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。