新しいボイドカレンダー2017年版 使い方

moonvoid-2017-3
moonvoid-kaisetuA:この月の初日の0時の天体の位置です。
B:この月の天体の移動を示した図です。
C:初日の天体のサインと度数+次の月の初日の天体のサインと度数。
D:日にち+曜日+月の座相(新月、下弦の月、満月、上弦の月)+その日の始まりの月のサイン+ボイド時間(ボイド時間の終わりの青字の時間は次のサインへ変わる時間。
E:月の位置と各サインのアスペクト。(上のBに示した月以外の天体とのアスペクトが一目でわかります。)
F:月以外の天体のアスペクト。
G:天体の逆行、順行、サインの移動の時間を書いています。

個人用ボイドカレンダー

moonvoid-2017-3blank

空白の部分にご自分のネイタルの天体を書き込んでその天体に対する今月の月の移動が作るアスペクトを見れば、その日の運勢を知ることができますよね。

ちなみにプレマの出生データを入れて作ってみたのがこれです。

moonvoid-2017-3prema

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。