公開占断:真夜中さん

真夜中さんより

はじめまして。
公開占断に応募します。
よろしくお願いいたします。

1. 真夜中 (女)
2. 1964年1月28日
3. AM2:50
4. 山口県

2016年、公私共に色々あり、今も心の中が整理しきれないでいます。

事務員として働いていますが、勤務先の経営改善のためかなりの減給等、職場環境が厳しくなりました。
転職を考える方がよいのかもしれませんが、地域的(業務内容が少し特殊で、その方面の求人は少ない地方都市です)年齢的なことや、仕事自体はやりがいもあり、てこ入れの甲斐あって事務所の閉鎖などは当面なさそうです…しかし生活もかかっているし…と悩んでいます。

また、娘が突然の結婚をしました。
本当に寝耳に水の出来事でばたばたと大騒ぎになり、それでも二人の意志が固く一応形的には落ち着きました。
けれど表面祝福しつつも、内心納得できない失望感でいっぱいです。
今はその思いを隠しおだやかに接していても、いつか爆発しそうです。
もちろんこのままではいけないと思うし、結婚した以上二人には幸せになってほしいのもまた本心です。

長くなりましたが、ホロスコープから見て私の2016年は、このようなあまり好ましくない出来事が続けて起こる年回りだったのでしょうか?
今後の仕事運、またこの先良い方向に向かうよう日々の心構えをアドバイスいただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

プレマより

mayonaka

チャートを見て娘さんへの愛情を強く感じますね。母として同じ女性として、

こうあって欲しいと願う気持ちの強さが分かります。

あまりに完璧に母としてまた女性としてやっていこうとする母親になかなか言い出せなかったのでしょうね。強く愛されている事を感じれば感じるほど。

2016年は母親としてはつらい時期だというのが年運に出ていますね。

もともとご自身の才能面というか色々な事が出来そうな感じがします。海外関連の語学力を生かすこととか芸術方面も良いし、男の人たちと競っても気後れしないし、トップを目指す向上心も強い。一匹狼のごとく男なら自由に飛び回って行くでしょうし、そういう男性にあこがれるかもしれない。しかし、ご自分では全く違う生き方をしてきたかもしれない。

2017年は、女性なんだからというしがらみを捨てる時期に来ていると思います。仕事は淡々と順調に進みます。ハッキリした成果が出ないので地味ですが悪くはありません。

でも2018年は爆発的に自分のやりたいことに突き進んでいる姿が見えます。

今年はその準備でもあると思います。大きく飛び上がるために身を縮める。そんな感じです。

子どもはいつかは巣立っていく、そういう時期が来た。

もうこれは受け入れるしかない。そしてそう出来たんですから。こんどは自分自身も脱皮して蝶になって羽ばたいてみてはどうでしょう。

地方でダメなら自分を生かせる場所を求めて生活の場を変えることだってできるはずです。

その為には、こうあるべきという殻を破らなければいけない、それを娘さんが先にやって見せてくれたのかもしれません。

具体的な事情が分からないので勝手な事を書いていますが、ご自身にとって重要な時である事には違いがありません。

プレマ

コメント

  1. 真夜中 より:

    さっそくの占断ありがとうございます。
    あたたかいお言葉、冷えた心が少し息をつけるようです。

    自分ではあまり母性豊かな方ではないと思っています。
    ですが今回の件であまりに取り乱してしまい、これでも人並みの情は持っていたのだと感じていました。
    完璧な母・妻・女性を目指しているつもりもないのですが、自分なりの理想みたいなものはありますので、知らず知らず娘に押し付けていたのかもしれません。

    事情で断念しましたが、通訳を目指した時期がありました。
    また美術関係、特に絵画が好きで自分でも描いていましたので、将来その方面に進みたいと夢見ていたこともあります。
    結局、資格を生かした事務系一筋の職歴ですが。
    もし男に生まれていたら一匹狼的な働き方だったろうと、人にも言われ、自分でもそう思ったりします(笑)

    最近は悩み続けるのにも疲れてきて、このまま止まっているのが嫌なら受け入れるしかなく、人や環境を思うように変えられないなら自分が変わるしかないのだな、と諦めたような気持になってきていました。

    やりたいことに突き進める2018年のために、殻を破る時だとおっしゃっていただいて、この状況に前向きにならねば…と思いました。

    今回ホロスコープを読んで頂き、迷いから抜け出るきっかけを与えていただいたことに感謝します。
    今後のご活躍を、心よりお祈りいたします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。