無料公開占断:ゆくりさんの人間関係を改善するカギは何か。(長文です。)

ゆくりさんより

1965年5月10日 AM3時59分
岡山県生まれ(女)

はじめまして 皆さんと同じく占星術に興味があり、公開占術に応募したいと思います

24年前に結婚しました 2人の子どもも成人し健康で不自由ない暮らしなのですが…夫は9年程前から単身赴任し、それまでも上手くいっていなかった夫の母との関係もさらに悪くなってしまいました
これから先、いつまでこのような生活が続くのか、また気持ちの上でもバラバラになった家族関係はどうなっていくのか、自分にできることはあるのかそれともあきらめて我慢するべきなのか
見ていただけると幸いです

プレマよりアドバイス。

yukuri

ゆくりさんの人生は、何か困ったことが起きると必ず誰かが助けてくれるので

他人から見ると、恵まれた人だと思うような人生だと思います。

しかし、本人からするとしがらみの中で何にも自由がないと感じるのだと思います。

人生は、結構色々な事が起こって、それを乗り越えることで気持ちが解放されたり達成感があるのですが、色々あっても何だか何とかなってしまうと、そういう生きてる実感というのが薄らいでいきます。

自分は何の為に生きているのか分からない。

苦しい事ばかりの人からするとなんと贅沢な悩みだと思う事でも、ご本人にとっては大変な事です。

また、ホロスコープから本人に問題が起こらなくても周囲では結構、すごい事件が起こってたいのではと思います。

だから、「他の人から比べれば幸せな方だな」と感じているのだと思います。

それで、ご相談の家族の気持ちがバラバラだというのは、実はバラバラで無くて、家族が一つになって考えなければいけないような重大な問題が差し迫ってないだけではないでしょうか。

そういう問題が起これば一つになります。つまりこれも平和の象徴だと言えるのではないでしょうか。

それから、ご主人のお母さまとの関係ですが。

これは一般論としてですが。

私たちは、人生の中で色々な事を経験して、それで魂が成長していきます。そこには何らかの人がいてその気づきのメッセンジャーの役目を果たしています。

もし、自分の生活圏に人が一人しかいなければ、例えば嫌な事はすべてその人を通じて起こってきます。

その人の事をなんて嫌な人だと思うでしょう。

そういう人さえいなくなったら、テレビに映る外の世界の例えばニュースとかにぶつぶつ文句を言ったりする人も出てきます。

また、道ですれ違った人にまで文句を言っている人がいたりします。

多くの人はそういう人を無視しますが、たまたま同じように何かの不満をもってその波動と共振する人がいたりすると事件に発展したりします。

逆に、自分が生かされている事に感謝する気持ちがあると、自分の周囲の人を通じてもたらされる幸せにその人を通じて感謝するようになります。

これは、私の経験ですが。

妻のすることなすこと、みんな自分のやりたいことを邪魔しているように感じた事がありました。

もうこれは離婚するしか無いとまで考え、もし妻がいなかったら今の生活の中で、今以上にやらなければいけない事は何かを考えました。そして自分の為に妻がしていることを頭のなかでリストアップしてみました。それを今自分がやっている生活で自分でやるように想像しました。そうするとその生活の中では自分のやりたいことなんてやる時間が無くなってしまうのが分かりました。

もちろん自分も妻の為にしている事はあります。だからこれぐらいの事はやってくれても良いではないかという理屈を初め考えていました。でもそれは結局自分の甘えだなと思うようになりました。

離婚して、他人にそのことをやって下さいとお願いするなら、それなりのお金を払うとか頭を下げなければならないでしょう。そして、こうして欲しいという事を事細かに伝えなければならないし、伝えたからと言って。こちらの要望通りにやってくれるかは分かりません。

きっとそこでも不満でイライラすることは出てくると思います。

逆に妻の立場に立って、自分は妻の要望に応えるような良き夫であるかと考えれば、最悪とは言えなくても消して褒められた夫ではなかった事は簡単に出てくる答えでした。

離婚して、結局自分でやらなければいけないのだったら、今の生活の中で自分のできることは極力やるようにしようと考えを改めて、実際に実行し始めると。

少しは、妻の方にもゆとりが出てきて、私が頼まなくても私のして欲しいと思う事をやってくれるようになりました。

まあ、そう思ったのはほんのひと時で、又ぶつぶつと不満を言っている自分ですが(爆)

でも、あの時ほど最悪な気分にはならなくなりました。

人との関係で、この相手とは絶対に自分が世話になることは無いであろう相手もいます。

もう一方的にこちらが面倒を見ているとか、実際に面倒をかけられているとか。

そういう事もあるかもしれないです。

でもそれは自分でも誰かにそういう面倒をかける状態になる可能性もあるかもしれないし

絶対に人に面倒をかけたりした事は無いとは言い切れないと思います。

実際に赤ちゃんの時には誰でも親なりそれに代わる人に面倒を見てもらわなければ生きていけないのですから。いま生きているという事は、確実に世話になっているという事ですよね。

多くの人のホロスコープを見ていると、結局、多くの人の人の体験は、過去に経験したことか

これから経験する事なんだと思えてきます。

天体はぐるぐる回っていて、長い時間的なスパンの中ではみんな同じように経験していく

平等だと思います。

人の魂は、そうやって成長していく。

今という瞬間で見ると、世の中は不平等で、ある人にとっては過酷な状態であって。

ある人にとっては、羨ましいのを通り過ぎて憎たらしいほどのものでも。

みんな同じなんだと思います。

ゆくりさんが言われる。我慢して生きるというのも、こういう考え方が根底にあればそれほど窮屈な生き方ではないと思います。

しかし、ただやみくもに我慢だけする生活では地獄にも等しいでしょう。

ですから、その気持ちの切り替えのコツをつかめば

いつからよくなるとかではなくて

一瞬にして世界は変わると思います。

コメント

  1. ゆくり より:

    とても丁寧な、ご自身の経験に基づいてのアドバイスに感激しました
    ありがとうございます
    自分の身ではなくても周囲で大変なことが起こっていたことにも、あのことだろうと思う事がありました
    20年以上悩み続けていることなのですぐには無理かもしれません
    ですが、いつか必ず変えられる日がくると
    信じ気持ちの切り替えのコツを模索していきたいです それが自分に与えられた人生のテーマなのかな、と思います

    • prema より:

      感想文有難うございます。
      又何か気づきがありましたら
      お知らせいただければ嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。